Posts Tagged 新作制作


2022年DOBU6オリジナル『老人と海と酒』

投稿日 2022-05-01 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2020年5月以来2年振りに、富山市八尾町の酒蔵【福鶴酒造】のご理解を得て、版画ラベルの日本酒を、4合瓶限定30本、世に出します。富山市総曲輪の日本酒厳選店【DOBU6】で、飲むことが出来ます。 版画ラベルは、1枚の版木・・・・[続きを読む]


1990年のローリング・ストーンズ

投稿日 2022-01-22 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

1990年2月。ローリング・ストーンズが初来日して、東京に滞在しました。 当時、東京に住んでいた僕は、大好きなローリング・ストーンズと同じ街にいるだけで嬉しかったものです。 この度、この思い出を抱いて、ラジオに出ます。『・・・・[続きを読む]


1時間に5文字

投稿日 2021-12-25 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

木版画による小説の制作をつづけています。この作品の制作ペースがつかめました。 1時間に5文字を彫るのが、木版画小説の制作スピードです。これが速いのか遅いのか、比較する対象がないので判断できませんが、倦まず弛まず、制作をつ・・・・[続きを読む]


木版画による小説制作

投稿日 2021-11-20 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2021年9月に、木版画による小説の制作に着手しました。 20年を越える版画制作のなかで、いろいろな人から「西藤の版画文字は面白い」と言われ、それをまとまった形で作品にしたいと考え、テキストは僕がバイブルとしている小説を・・・・[続きを読む]


かごめかごめ

投稿日 2021-08-29 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2021年の夏。56歳の自由研究。 「われわれはかごのなかのとりである。あなたはだれだ?」


通りゃんせ TOKYO 2021

投稿日 2021-05-16 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの 細道じゃ 天神さまの 細道じゃ ちっと通して 下しゃんせ 御用のないもの 通しゃせぬ この子の七つの お祝いに お札を納めに まいります 行きはよいよい 帰りはこわい こわいながらも・・・・[続きを読む]


勝興寺の七不思議弁当

投稿日 2021-03-21 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

この度ご縁を得て、お弁当の包み紙を版画で制作しました。この版画制作にあたり、僕は下記の文章を念頭に置きました。 『京の町には、鉄斎先生の看板がいくつか残つてゐて、みな立派なものばかりである。先生はゆきずりの行人を教育する・・・・[続きを読む]


篆刻【関】

投稿日 2021-03-11 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

友人の落款制作を引き受けて、10年振りに篆刻をしました。【関】。 日本には、10年前から毎年3月11日に、関を通る習わしがあります。黙祷。


Gold and steel and I

投稿日 2020-11-07 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

金箔の和紙と鋼鉄の刃と私は、次の個展に向けて、作品を制作しています。 金とは何であるか? 金は絶対的な価値である。その金を切る作品とは何であるか? を問う個展を予定しています。


ABOVE AND BEYOND

投稿日 2020-09-02 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

この度ご縁をいただき、富山市のビューティショップ【ABOVE AND BEYOND】に、作品を展示することになりました。 この作品は2019年に制作した貼り絵です。切り絵の制作から発生した大小様々な切り屑を、一枚の紙に糊・・・・[続きを読む]