Blog Category


木版画の墨刷りのワークショップ

投稿日 2021-09-12 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2021年9月11日と9月26日と10月9日に、木版画の墨刷りのワークショップを開催します。 ワークショップに提供する版木は旧作ですが、個展並みに全力を尽くします。僕の個展の証として、開催する時間と場所には、この旗が立っ・・・・[続きを読む]


かごめかごめ

投稿日 2021-08-29 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2021年の夏。56歳の自由研究。 「われわれはかごのなかのとりである。あなたはだれだ?」


フェラーラ・イタリー

投稿日 2021-07-24 Tagged As: , | Categories: Blog, 欄外余白

2021年7月7日から7月30日の期間、イタリアのフェラーラで、日本の現代美術を紹介する展覧会が開かれています。 2020年に始まった大阪の画廊 Gallery Ami-Kanoko とイタリアとの交流で生まれた企画です・・・・[続きを読む]


通りゃんせ TOKYO 2021

投稿日 2021-05-16 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

通りゃんせ 通りゃんせ ここはどこの 細道じゃ 天神さまの 細道じゃ ちっと通して 下しゃんせ 御用のないもの 通しゃせぬ この子の七つの お祝いに お札を納めに まいります 行きはよいよい 帰りはこわい こわいながらも・・・・[続きを読む]


勝興寺の七不思議弁当

投稿日 2021-03-21 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

この度ご縁を得て、お弁当の包み紙を版画で制作しました。この版画制作にあたり、僕は下記の文章を念頭に置きました。 『京の町には、鉄斎先生の看板がいくつか残つてゐて、みな立派なものばかりである。先生はゆきずりの行人を教育する・・・・[続きを読む]


篆刻【関】

投稿日 2021-03-11 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

友人の落款制作を引き受けて、10年振りに篆刻をしました。【関】。 日本には、10年前から毎年3月11日に、関を通る習わしがあります。黙祷。


令和三年一月

投稿日 2021-02-15 Tagged As: | Categories: Blog, 欄外余白

令和三年一月、富山からイタリアに向けて、今年の年賀状と展覧会の案内状を封書で投函しました。35年振りの大雪と100年振りの感染症を乗り越えて、郵便がイタリアへ届いたことが、確認できました。 先の見えない時代の向こうに見え・・・・[続きを読む]


Gold and steel and I

投稿日 2020-11-07 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

金箔の和紙と鋼鉄の刃と私は、次の個展に向けて、作品を制作しています。 金とは何であるか? 金は絶対的な価値である。その金を切る作品とは何であるか? を問う個展を予定しています。


EXIT URBAN MAGAZINE

投稿日 2020-10-03 Tagged As: | Categories: Blog, 欄外余白

2020年8月に、大阪の画廊【Ami-kanoko】を経由して、イタリアに僕の作品が紹介されました。その後、イタリア側からの質問(日本語で回答可能)に応えつつ、僕の作品の画像データをイタリアに送信しました。 そして、【E・・・・[続きを読む]


ABOVE AND BEYOND

投稿日 2020-09-02 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

この度ご縁をいただき、富山市のビューティショップ【ABOVE AND BEYOND】に、作品を展示することになりました。 この作品は2019年に制作した貼り絵です。切り絵の制作から発生した大小様々な切り屑を、一枚の紙に糊・・・・[続きを読む]