Blog Category


プロローグ

投稿日 2018-02-14 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2018年の個展の概要が決まりつつあります。現在は本篇を制作中ですが、まずはプロローグを公開します。下記の画像は、2018年の個展のための版木です。 —————・・・・[続きを読む]


ガレキ富士

投稿日 2018-01-15 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

一富士、二鷹、三ガレキ。僕は今年も日本人の感性を逆撫でする作品を発表します。 縁起の良い初夢を、2週間遅れで作りました。今年も、よろしくお願いします。


Hangover from 2017 to 2018

投稿日 2017-12-31 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

数か月間こつこつと彫り進めた版木を一気に刷りました。刷った結果はNGが出ました。 何がNGかは説明できませんが、何も区切れずに、何も納まらずに、全てを2018年に持ち越します。この悔しさを、飛躍のスプリングボードにします・・・・[続きを読む]


瓦礫亭日乗

投稿日 2017-12-03 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

明日が締め切りでなくても、危機感をもって今日作る。明日は作れないかもしれないのだ。 明日は作れなくても、明後日は作る。作れる今を、懸命に作る。 これが、瓦礫亭日乗。


楔の日本酒

投稿日 2017-11-01 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

2017年晩秋、版画ラベルの日本酒が限定16本、世に出ました。山廃本醸造火入れ原酒『 』です。 『 』、この日本酒に銘はありません。非売品です。富山市のDOBU6で飲むことができます。 この版画ラベルは、世に突き刺さる楔・・・・[続きを読む]


始めに、ガレキありき。

投稿日 2017-10-01 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

始めに、ガレキありき。 ガレキは、光なり。 乱反射の光、地に満つる。


日本酒の会・大阪から富山へ

投稿日 2017-08-06 Tagged As: | Categories: 欄外余白

この度、ご縁が巡りに巡って、【日本酒の会・大阪から富山へ】を開催します。 大阪の画廊『編-かのこ』では、画廊の展示室内で、作家の器でお酒を飲む【日本酒の会】が、機会を得ては開催されています。今回は、酒どころ富山で、現地の・・・・[続きを読む]


木彫刻による酒器

投稿日 2017-07-15 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

木彫刻による酒器、お猪口を作り始めたのは、2013年です。焼印の落款を木肌に押して、制作番号を通し始めたのが、2014年です。この度、No.41~No.50を制作しました。発表するのは、2018年になると思います。 「発・・・・[続きを読む]


これでいいのだ。

投稿日 2017-06-18 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

先日の個展で展示した彫刻の近作が、何かに似ていると思っていました。つらつら思い巡り、思い当たりました。【バカボンのおまわりさん】です。赤塚不二夫作のこの漫画は、僕の少年期の愛読書でした。僕は、ギャグを、この漫画で学びまし・・・・[続きを読む]


音の国の鬼

投稿日 2017-05-12 Tagged As: | Categories: Blog, 版画制作室

この度、ご縁が形になりました。 大阪のベーシスト・泉尚也氏が私の版画をモチーフにして作曲された組曲が、CDに収録され発売されました。誕生、彷徨、独奏、我想、葛藤、帰途、のタイトルを持つ6つの組曲です。 モチーフにした版画・・・・[続きを読む]