ムーミン谷の冬

Posted 2012-02-03

ヤンソン(山室静=訳)。ムーミントロールは目をさましました。ムーミン一家が長い冬のねむりにはいっているなか、ただひとりで目をさましました。空はまっ黒ですが、月の光をうけて雪がきれいな青い色に光っていました。ムーミントロールは、あかりをつけてスナフキンの手紙をさがしました。「チェーリオ。よくねむって、元気をなくさないこと。あたたかい春になったら、そのさいしょの日に、ぼくはまたやってくるよ。ぼくがこないうちは、ダムつくりをはじめないでね。スナフキン」。そこでかれは、はんがつくりをはじめたのです。